トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード

   製作用回路図

お弁当箱ポタアンオールドタイム > お弁当箱ポタアンキット_35V オールドタイム
商品詳細
 

お弁当箱ポタアンキット_35V オールドタイム


JAN6418 と JAN5678_CLEAN 付き
付属真空管 : JAN5678 6418
正面パネル
蓋を閉めた状態
内部
蓋を開けた状態

フロント写真 : 新しくツマミ銀色に変更

歳末決算セール中 12月27日まで!! 残り5台で終了です。

送料無料!!+マイコンオプション付き!!


お弁当箱ポータブルアンプ、“オールドタイム”35V_VER 登場!!

内部電圧が 30V から 35Vに変わりました。

これにより、音の迫力感が増しました。


お弁当箱ポタアン オールドタイム、アダフルート缶クリアートップ(USA製)

サイズ:138.16×91.22、高さ 23.04mm

すべて組立モデル (標準品) : ¥19800円 (送料無料)

下記の2種類もご用意致します。

チップ部品搭載モデル    : ¥19800円 (送料無料) 

キット組み立て済みモデル : ¥29800円 (送料無料)、組み立てのお時間をいただきます。

付属品以外の1.25V管はこちらからご購入いただけます。

オールドタイム NUTUBE オプション (登場!!)

マイコンオプション

音を楽しむオプション

抵抗オプション DALE RN55D/CMF55

抵抗オプション DALE CCF55


シーメンス類似1980年代のオイルコンを搭載した、サブミニチュア1.25V管がすべて調整も無く試聴出来るポータブル?いや、お弁当箱ポータブルアンプが完成致しました。
付属の真空管として、エレキットで、お馴染みの JAN6418 と 大奮発の JAN5678 の2種類をお付けいたします。

昨年度から当店ポタ研で公開して来た回路から大きく前進したハイブリッドアンプとなりました。
(マイコンによる電圧検出、LED制御オプションを販売予定ですが時期は未定です。)
(電池は付属していません。)


このアンプは、当SHOPのサブミニチュア1.25V管全種類 と 音に潤いのあるオペアンプ OP275GP (バーブラウン)を採用して、従来のハイブリッドアンプに無い音の立体感を追求したアンプです。

初段真空管には、DC/DCコンバーターで+35Vの電圧まで昇圧することで、真空管本来の実力を発揮させた後、FETソースフォロアー回路により力強い信号をパラレルオペアンプ回路に供給しています。
また、通常オペアンプの出力に使用される音質劣化のもとになる電解コンデンサーを取り払いました。
このアンプでは、音の平坦化を避けるために±2電源方式を採用しています。また、電源回路にはオペアンプによるポップ音を緩和するスタビライザー回路も採用しました。


特性改善のための小手先のNFBによる特性改善をまったくしていません。
無帰還アンプでありながら、周波数特性 25Hzから100KHz、歪率0.3(%)程度に仕上げました。
低域の20(Hz)付近では、カットオフの関係と球の種類や電源容量の関係でやや歪が増します。
詳細な検討をしています。
また、球の製造メーカーや構造による差が出て来ることが判って来ました。

(参考測定結果)
2016.7.9 測定 担当 田村
5678 TUNG-SOL の場合、S/N -70.26(dB)LPF80(KHz)使用、歪率 1(KHz)0.353(%)LPF80(KHz)OFF
歪率 20(Hz)0.937(%)LPF80(KHz)OFF
この球は、音質的のしっとりして、私のお気に入りの球です。

5678 RAYTEHON の場合、S/N -71.86(dB)LPF80(KHz)使用、歪率 1(KHz)0.226(%)LPF80(KHz)OFF
歪率 20(Hz)1.620(%)LPF80(KHz)OFF

残念ながら、付属品のRAYTEONでは、超低域20(Hz)で約1.7(%)程度の歪となります。
基板では、マイナス電源を006P電池で供給出来る回路と真空管の動作を最適点にするための固定バイアス回路も組み込まれています。(キット自体は、自己バイアス方式として使用しています。)
電源に余裕を持たせることで、回路自体での超低域における歪率の改善効果を期待したいと思います。
(残念ながら、アダフルート缶には入りません。)

最大出力 22.23(mW) 22(Ω)負荷時、出力クリップ開始点で測定で測定、歪率 0.983(%)
オペアンプ OP275GP (標準付属品)

最大出力 51.65(mW) 22(Ω)負荷時、出力クリップ開始点で測定で測定、歪率 1.210(%)
オペアンプ MUSE 8920 使用時(秋月電子で購入出来ます。)

( ご使用時のお願い)
オールドタイムでは電源ON-OFF時のポップ雑音を下げるために電源回路にスタビライザー回路を採用しています。大きな信号を入力して、強引に大出力を引き出そうとしますとオペアンプの出力がクリップし大きな電流が回路で必要なります。出力波形のクリップにより中心点のずれが生じ大きく音質を損ないます。この状態の音は嫌なクリップ音の他に電源ON-OFF時のポップ雑音を下げる電源回路スタビライザー回路の電圧変動のために音の大小の変化としてあらわれます。

音を大切にする方を対象に、本当に良い音を聴いていただきたいと言う思いから設計した拘り抜いた真空管ハイブリッドアンプキットです。
音楽をここち良く響かせてくれるコンサートホールとして、お弁当箱ポタアン オールドタイムの持つ本当の実力を引き出して下さい。

さらに、お好きな真空管とオペアンプを組み合せて、オールドタイムオーナーのお好きな音を作り上げて下さい。オペアンプを変えることで、最大出力も最初に記載しましたように変化致します。
オペアンプOP275GPは、出力は大きくありませんが、昔の高級オーデイオ用CDプレーヤに使われた高音質オペアンプです。
私、プロコムドクタータムラの好きなオペアンプのひとつでもあります。

私からのお願いですが、オールドタイムオーナは、音楽を楽しめる出力でお使いいただきたいと思います。クリップ音では音楽は楽しめませんね。

大切に長くお使いいただけるオールドタイムオーナーのみ全面サポート致します。

プロコムドクタータムラ

フィルムコンデンサーは海外メーカーのヴィンテージ品を厳選しました。また、電解コンデンサーは音質テストの結果にもとずいて、ニチコン MUSE 47uF/50V 2個をDC/DC出力に採用しました。高次のノイズを避けることと音作りように高分子アルミ電解コンデンサー ニチコンを使用しています。

( 感想文:オペアンプによる音質差 )

OP275GPとMUSE8920の音の違いを確認してみました。

MUSE8920に交換した瞬間に凄いの一言が出てしまいました。しかし、電流も大きい!!

総合で19(mA)オペアンプ1個あたり8(mA)もUPします。試聴可能時間 33(%)も短縮してしまいます。
素材が同じであれば、音と電流の関係は比例関係にあると言って良さそうです。残念です!!

しかし、音質は脱帽です。音の柔らかさが球の音と言っても良いと感じられたのは初めてのことです。
お弁当箱ポタアン オールドタイムは素材の持っている音をとことん引き出してくれるアンプです。
球やオペアンプを交換すると音に変化が出て来るアンプに仕上がっています。
このアンプをぜひ、完全に組み上げた後に、総合電流に影響しない球から、製造メーカーや製造前月が大きく変わる球に変えて試聴して下さい。メーカーや製造年月によって音質の違いを感じると思います。
次に、オペアンプ、試聴可能時間を気にしないのであれば、MUSE8920D、秋月電子で\960円を試すのも良いと思います。ポータブルを考えると電流が大きく残念ながら、電流がOP275GPを使用した時に対して、総合電流で、19(mA)、約33(%)試聴時間が短縮します。外に持ち出すには少し時間短縮の覚悟がいると思います。

みなさんに買い上げいただいたアンプが完成された頃、私がベストマッチと思える球の製造年月の大きく異なる物とオペアンプの組み合わせを用意致します。

1000円以下のオペアンプでは、MUSE8920がお弁当箱ポタアン オールドタイムとの相性はかなり良いと思います。電流が食わなければ最高です。

プロコムドクタータムラ


******************************************************************************************

すこし、お時間が掛かりましたが、みなさんのこれからのポタアンの研究にお役にたてることを願っています。

プロコムパーツドットコム、プロコムドクター田村


組立用資料

組み立てマニュアル VER1.3

部品名実装図 VER1.3

部品番号実装図 VER1.3

回路図 VER1.3

パネル加工台紙

カッティングシート台紙

 

商品番号 PRO-PO-OLDTIME_35V
商品名 お弁当箱ポタアンキット_35V オールドタイム
販売価格 19,800円
メーカー プロコムドクタータムラ
送料区分 送料込
配送タイプ 送料無料
在庫

数量: