トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
商品カテゴリ

   製作用回路図

 リンクコーナー

PROCOM PARTS.COM

プロコム パーツ ドット コム

TEL 0480-65-0785

ヤフオク出品しています。



ツイッターで特売品のお知らせ致します。

https://twitter.com/ProcomTamura

Paypalでお支払いが出来るようになりました。

お支払手数料は当店が ご負担致します。

***************************************************
5672 VALVO (ドイツ製)再入荷しました。

全球検査済みで、出荷致します。




***************************************************

限定品4本、6088 TUNG-SOL CE-93258  1961年製

全球検査済み品です。

白文字がカッコ良い球です。





***************************************************
13本入荷販売!! 再入荷不可品!!

5672 RTC (RADIO TECHQUNIC) フランス製

シルクの反転は無い正規品!!

オリジナル箱、白文字の真空管です。





*******************************************************

期間限定 12月末で終了!!

 限定特売品!! 40セット限定販売、残り33セット、2本組!!

サブミニチュア管 USAF (UNITED STATE AIR FORCE) 6050 RAYTHEON 1952年製!!

ブラックプレート品!! アメリカ空軍の基準仕様品となります。

この6050は、アメリカ空軍の仕様品で、5676=6050 と全く同じ静特性

5676と差し替えが可能!!



USAF6050RATHEON 限定数量単品販売はこちらからどうぞ!!

5672 CRP RATHEON 発売開始!!

5678 RATHEON 低電圧動作ペアー品発売開始!!

5672 TUNG-SOL 白文字 1本のみあり!!






**************************************************

お弁当箱ポタアン OLDTIME のオプション勢ぞろい!!

オールドタイム特別な完成品一品

オールドタイムキット組立済み品

お弁当箱ポタアン
オールドタイムキット

音を楽しむオプション

抵抗オプション DALE RN55D/CMF55

抵抗オプション DALE CCF55

**************************************************

『お弁当箱ポタアン OLDTIMEマイコンオプション』

LED点滅 VIDEO 4種類を公開致します。


POWER ON 時のごあいさつ


単V電池切れの場合


006P電池切れの場合


両電池切れの場合

************************************************

5678 RT フランス製 シルク反転無しの正規1組が出て来ました。  

**************************************************** 


お弁当箱ポタアン OLD TIME 1位になりました。

第162回 「ポタ研2016夏」で高橋 敦さんが気になった

ものベスト 1 に選ばれました。


**************************************************
お弁当箱ポタアン オールドタイムの最大出力に関して

最大出力 22.23(mW) 22(Ω)負荷時、出力クリップ開始点で測定で測定、歪率 0.983(%)
オペアンプ OP275GP (標準付属品)

最大出力 51.65(mW) 22(Ω)負荷時、出力クリップ開始点で測定で測定、歪率 1.210(%)
オペアンプ MUSE 8920 使用時(秋月電子で購入出来ます。)

( ご使用時のお願い)
 

オールドタイムでは電源ON-OFF時のポップ雑音を下げるために電源回路にスタビライザー回路を採用しています。大きな信号を入力して、強引に大出力を引き出そうとしますとオペアンプの出力がクリップし大きな電流が回路で必要なります。出力波形のクリップにより中心点のずれが生じ大きく音質を損ないます。この状態の音は嫌なクリップ音の他に電源ON-OFF時のポップ雑音を下げる電源回路スタビライザー回路の電圧変動のために音の大小の変化としてあらわれます。

音を大切にする方を対象に、本当に良い音を聴いていただきたいと言う思いから設計した拘り抜いた真空管ハイブリッドアンプキットです。
音楽をここち良く響かせてくれるコンサートホールとして、お弁当箱ポタアン オールドタイムの持つ本当の実力を引き出して下さい。

さらに、お好きな真空管とオペアンプを組み合せて、オールドタイムオーナーのお好きな音を作り上げて下さい。オペアンプを変えることで、最大出力も最初に記載しましたように変化致します。
オペアンプOP275GPは、出力は大きくありませんが、昔の高級オーデイオ用CDプレーヤに使われた高音質オペアンプです。
私、プロコムドクタータムラの好きなオペアンプのひとつでもあります。

私からのお願いですが、オールドタイムオーナは、音楽を楽しめる出力でお使いいただきたいと思います。クリップ音では音楽は楽しめませんね。

大切に長くお使いいただけるオールドタイムオーナーのみ全面サポート致します。

プロコムドクタータムラ

***************************************************
お弁当箱ポタアン オールドタイム マイコンオプション
LED点滅デモンストレーション


マイコンプログラム作成中です。

ツイッター @Procom Tamura


お弁当箱ポタアン、オールドタイム、OLDTIME

全球対応・オペアンプも交換出来ます。

SHOP販売品に限り、送料無料!!

完全キット品 ¥19,800円

チップ部品搭載品 ¥19,800円(お値段同じです。)

組立品:¥26,800円(組立工賃が掛かります。)


超気貴重品 5678RT シルク反転なしと搭載した試作品

この写真は当店のお客様からお借り致しました。

Twitter ; fumi さん

5678RT シルク反転なし、正規貴重品 2セット販売中!!
http://procom-parts.com/97_213.html





全球対応
お弁当箱ポタアン、OLDTIMEを販売開始!!

当店販売サブミニチュア1.25V管すべて部品変更無しで試聴可能の全球対応アンプ完成しました。

キットでありながら、キットの音質を超えた

“手放せない音” を目指しました。

付属球:JAN6418  JAN5678_CLEAN の2種類、オペアンプ:OP275GP

付属のアダフルート缶に穴開けしていただきます。

写真の球は、JAN6088、ヒーター電流 120(mA)の最も大きい JAN6286も
もちろん、使用出来ます。

半田付けは付属のマニュアルの順番に行えば必ず出来ます。

もしも、出来ない場合は店長が対応いたしましのでご安心下さい。
送料+¥2000円程度でOKです。

別途、事前のご予約で、当SHOPに来ていただいき、お弁当ポタアン基板の半田付けをご指導致します。お値段は¥2万円となります。


気になるお値段は、\19800円、10台まで全国送料無料!!

電池は付属していません!!


標準付属真空管 JAN6418  JAN5678

**********************************************

音出し、回路定数検討中 2016.6.20

音出し、右側にすべての球の音を聴いてみました。

基板のサイズは iphone puluseに近いです。



実験中・試作中の基板と試聴した球

********************************************

基板到着、試作開始 2016.6.18 to 19

最初にチップ部品の半田付けと電源回路の動作確認
LEDを点灯してみました。

30VDC/DCコンバーター 動作OK
負電圧コンバーター    動作OK
ヒーター電源スイッチ回路 動作OK


明日から、いよいよ、アンプ部のリード部品の実装に入ります。音出し、部品差による音の最適化をして行きます。
良い音で聴きたいですね。


@ お弁当箱ポタアン試作開始(チップ部品の半田付け)

オレンジのLEDによる間接照明 球のヒータが点灯しているように見えます。


チップ部品は図面はそれ程、多くありませんが、キットでは、1608チップを搭載したモデルを標準に販売致しますので、
難しい半田付けは少ないように致します。


半田付けをすべて自分でやりたい方向けのキットも用意致します。



チップ部品 と 球の照明

上の球、6418  下の球、6088



球6088 LED照明でとても綺麗です。

チョップ部品はマイコン 8ピンSOPを除いてこれですべて
少ないでしょう!! 基板裏面には部品はありません。


まもなく、お弁当箱(アダフルート缶)ポタアン登場か!!

適応真空管:5678、6418、1AD4、5672、5676、6088、6286
、6977 のサブミニチュア 1.25V管全種類対応可能


もちろん、5678RT フランスの音も楽しめます。

来週、末に基板がUP、音出し部品調整設後、販売開始

数量限定 50台(キット・完成品含む) 初回投入予定です。




基板CAD 3D出力

基板予想(CAD出力)


ちょこっと、回路図仮公開(定数等変更あり)

**************************************************

お待たせいたしました。

コンデンサー等の欠品部品が揃いました。

2016年4月17日

***************************************************
*********************************************

2016/4/11 更新!!

5678 TELEFUNKEN (CLEAN) 入荷致しました。

全球ノイズ検査済みで出荷致します。





5678 TELEFUNKEN

**************************************************

5678RT 反転端子版フランス 入荷 2016/4/11

この商品は検査のために開封致します。
シルク反転しないものが出て来ましたら、別商品として販売致します。


裏面(反転)

 表面(変転)

5678RT 反転端子版フランス 


ポタアン研究部2016/3 : 固定バイアス方式(外部バイアス)


図中のR37は必要なしです。

(目的) 5678RT フランス製を低電圧動作させるために固定バイアスにより、球に電流を流すことで歪率を改善することと1.25V管すべての球について低電圧動作を可能にすることとしました。

この結果として、低電圧で動作では、音の歪率が数(%)にも達したものが1(%)以内に入って来ます。

DC/DCコンバーターによる昇圧が無いポタアンの開発の兆しが大きくなりました。具体的には、006P 9Vでも低歪なアンプを開発出来る可能性が大です。

実験の結果では、低電圧、固定バイアスとすることで、非常に透明感があり潤いのある音質に変わりました。


*****************************************

特売情報!!ECC84 VALVO (ドイツ製)



無線と実験 2016.2月号記事

********************************************

限定特売品 !!20組 10本パック JAN6418

送料無料!!¥3600円ポッキリ!!




(エレキットでお馴染み)

2016.1.27 更新

***************************************

今年も色々な部品を海外から探してきますので、よろしく、お願いいたします。

今年はキットの他、トランス等のオリジナル品の開発販売を目標に頑張ります。

今年もよろしく、お願い致します。

店主 田 村  睦

PROCOM Dr.TAMURA

*********************************

年末特売!!早いもの勝ち !!

PSVANE 50,  限定1ペアー ¥39,800円 

激安価格で販売致します。


VINTAGE_PATSの販売・オリジナル製品開発販売!!

ミリタリ仕様品パーツを主に販売致します。

2015.10.29 更新
1AD4 TUNG-SOL 入荷



1AD4 TUNG-SOL

2015.10.19 更新
DF668 (RFT)=1AD4 6本入荷


DF668 (RFT)=1AD4

2015.9.18 更新
1AD4 (TELEFUNKEN  MULLARD ) 2種入荷



TELEFUNKEN                      MULLARD (絶品)


標準品  
                           CLEAN

1AD4 TELEFUNKEN 種類を用意致しました。


5678 ポタアン研究中 その6  2015.10.29更新

1AD4 TUNG-SOLのシールド塗装とはがしてみる。

1AD4 TUNG-SOL 1965年5月製造の球が入荷しました。
他に表面塗装の劣化が大きい数量限定10本パックもあります。

しかしながら、表面のシールド塗装の状態が悪く、くすみがたくさんあります。思い切って、台所にあった細い金属たわしで、ごしごしと塗装を磨き取ってみました。塗装を取り除いた写真が左側、塗装をはがす前のオリジナルの状態が右側です。はがしてみるとスクリーングルッドが黒板になっています。一見、プレートかと思ってしまいました。左のは、ヒーターが点灯している状態をポタアン2電源回路バラック基板に乗せて撮影したものです。シールドを取り払ってガラス表面に印字をするのも良い自分だけの球に仕上がり楽しみが増すと思います。ポタアンは低周波領域で使いますので、ガラス表面の塗装は必要ありません。かえって無い方が電極とGND間の容量が低下することになりますから、かぶりのない音が期待出来るように思えます。



左:塗装なし   右:塗装あり



5678 ポタアン研究中 その6  2015.10.9更新

DC/DCの音を聴いてみる。


2電源ポタアン(1AD4 TELEFUNKEN ):左

秋月DC/DC 緑:NJW4131 赤 : LMR62421:右

DC/DCの音質って何のことと言われてしまいそうですね。DC/DCコンバーター、通称 DC/DCが鳴る訳ではありませんが、使用したときに、ポタアンの音質・雑音のレベル差が出てきます。音質の評価としては、赤色のDC/DCの方が透明感があり、低域の再生も非常に良いですが、問題はノイズ(ホワイトノイズに近い)がすごく多いので、この基板の状態では、使えないです。
一方、緑色の基板では、ノイズはすごく少なく、そのまま使用することが出来るレベルです。音質は、やや重い音質で少し透明感に欠けますが、平坦な音にはならないので、充分に音楽を楽しめる音です。他に、ポタアンで良く使われる LT1308CS8 を使ったDC/DCもバラックで作って見ましたが、バラックと言うこともありますが、ノイズは一番大きく、音質はと言うと、柔らかい音がしますが、平面的で、音楽を楽しむには、少しすまらなく感じると思います。この3つのDC/DCの中では秋月通商の+30VDC/DC (NJW4131)に軍配が上がりました。(本音は、もう少し透明感が欲しいです。)

ポタアン研究部では、2電源ポタアン回路の電源部が音質に大きく影響を与えることから、当初、3つのDC/DCコンバーターにより単三電池電圧からの昇圧を考えていましたが、考えを改めて、音質最重要視として、最小限DC/DCコンバーター、1箇所のみ真空管用の電源として使用致します。
電池は単三 1本(球のヒーター用)、006P 2本(オペアンプ±2電源用)の3本をしようして、音質重視の音となるように回路・基板を作成に入ります。使用出来る真空管は、
1AD4 CV2237 DF668 5672 5676 5678 DF669 6088 6418 6286 6977(マジックアイ)等、三極・五極管のほとんどを対応出来ます。カプリングコンデンサーは、オイルコンほか、ポリエステルフィルムコンデンサーを並列または、単体使用出来るようにします
。 

5678 ポタアン研究中 その5  2015.9.18更新

マジックアイ 6977で鳴らしてみる。



JAN 6977 (マジックアイ) 試聴中

おなじみの2電源回路バラックアンプで、マジックアイ JAN6977の音質を聞いて見ました。この球の用途が、インジケータなので音には、期待していませんでした。ところが、聞いて見た瞬間に感じたのは、他の球より柔らかい音がすることです。じゅっくり、聞いて見ると利得が大きい分、イヤホンーンに入り込むレベルが大きくすごく力があるようにも聞こえました。入力のレベルを少し絞って見ると中域に膨らみが僅かですがあります。低域、高域もなかなかなもので、マジックアイとは思えません。ポタアンで有名になった JAN 6418と比べても、こちらの方に軍配が上がります。この球は、飛び込んでくる電源のハム(誘導ハム)の影響を受け安いようです。試聴はプレート電圧30V、1(KHz)の歪率は、0.2から0.3(%)程度と優秀です。(80(KHz以上をカットした場合)もちろん、無帰還の状態です。全帰還を掛けると音質が平面的になりやすいので、全帰還は避けたいものです。無帰還で追い込んでしまいましょう。だだし、電源電圧が 9Vと低電圧では、3から4(%)の歪率で非常に悪い値を示してしまいます。電源電圧18V以上では、1(%)程度に入って来ます。音楽は良い音質で聞きたいものですね。利得は他の球よりも高い球です。写真の2電源バラックアンプでは、14倍=23(dB)の利得が得られます。
表示面を上から見えるようにするには、球をぐるりと90度回転する必要があります。


************************************
2015.9.22 更新

最後の1ペアーとなりました。

残り時間1週間!!



2015.9.18 更新

PSVANE 50 ¥39800円/Pair 激安

特別販売品 2ペアー限定 期間限定9月30日終了!!



PSVANE 50 Pair品


***************************************

10万カウント記念特別販売品 50セット期間限定!!

 9月30日(水)で終了!!

送料無料!!
 10本組  JAN 5678 RAYTHEON

¥2000円(送料無料)ポッキリ!!

当SHOPのお客様だけにお送り致します。



JAN5678(RAYTHEION)10本パック



5678 TUNG-SOL 1962年製 入荷!!


5678 RAYTEHON CLEAN 選別品!!

*******************************

2015.8.18 更新

5678 TUNG-SOL 1962年製品入荷致しました。



5678 TUNG-SOL 1962年製


5678 ポタアン研究中 その4 2015.9.2更新

006P型 9V ポタアンで 5678 TUNG-SOLを鳴らす。

006P型 9V電池でポタアンを聞いている方がたくさんいらっしゃると思います。しかしながら、うまく鳴らない音が出ても音が歪っぽい音がすると感じることが多いと思います。これは、球の動作限界寸前で動作させていること、球の内部インピーダンスが高い状態でオペアンプと直結することで、球に電流がまったくと言って良いくらい流れません。何とか鳴らせないものかと、いや、この音の良い球を少しでもお届けする、いやいや、商売、売らないとい暮らせないと言う訳で、すこしでも、みなさんのお役に立てばと思い回路の修正案(改良・改造)を考えてみました。
下記の回路図の赤枠内が改良・改造した回路図です。球のグリッド抵抗は、1(MΩ)が良く使われていますが、この抵抗は球に電流を流すために、球に応じた値に変更する必要があります。大雑把に言って、三極管 5676 は1(MΩ)、5極管5678 RATHEON 、
5678 TUNG-SOL は100(KΩ)となります。
それでも、球に流れるプレート電流は少なすぎますね。一つ忘れました。球のプレート抵抗は100(KΩ)としています。従来の回路の対策案として、回路図赤枠内、球とオペアンプの間にFETソースフォロアー回路を入れてバッファアンプとして使います。この回路のFETとFETのソース抵抗はとてもシビアです。テストは、2SK246-Yを使いました。ちょっと、前まで、秋月電子で安く売っていましたが、売り切れたようです。この2SK246-Y FETは2週間後くらいに、プロコムパーツドットコム、当SHOPに海外から到着致します。この回路は、あくまでも、5678を何とか聞いていただくために検討してみた回路図となります。正直なところ、大型の出力管に触れている私にとっては、球を9Vで動かして、良い音で聞くには、少し無理があるように感じます。良い結果とはなりませんが、改造後の数値データをUP致します。データーの中で左右の数値に差が出ているのは、球自身の限界動作電圧が低い物の方が、良い結果が出ています。この場合は左となります。

電源電圧 : 9V 測定周波数 1(KHz)

左出力 : 277(mV)rms  歪率 : 2.26(%)
右出力 : 217(mV)rms  歪率 : 3.30(%)

電源電圧 : 8V 測定周波数 1(KHz)

左出力 : 235(mV)rms  歪率 : 4.50(%)
右出力 : 210(mV)rms  歪率 : 6.16(%)

5676 RT(三極管)に入れ替えてみますと、出力:約300(mV)rms  歪率:0.7(%)程度となります。

回路図等は参考資料としてお使いください。

改造・改良は自己の責任において、お願い致します。




5678 ポタアン研究中 その3 2015.8.15更新

5678ポタアン を大変更して、オペアンプの入力バイアス電流による出力電圧オフセットの影響を少なくした回路を検討して見ました。真空管5678の出力にFETソースフォロアーを追加して出力インピーダンスを下げることで、オペアアンプのバイアス電流による出力電圧(直流分)オフセット電圧を少なくしました。みなさんが経験されているイヤホンジャックにホーンを挿すとバリッと言う音が少なくなります。特性的にも充分な特性で、無帰還でも歪率は0.5%程度に入っています。音質も真空管とオペアンプのハイブリット的な音で非常に迫力のある、低域から高域まで、非常に広がりのあり疲れない音がしています。定数は、まだ、研究中ですので、変更がされて行きます。このアンプの特徴は、三極管から5極管まで、ほとんど、すべての1.25V真空管を差し替えることが出来ることです。
電源部は、なんと言っても電池が一番音がよいです。
研究部では、DC/DCコンバーターによる昇圧回路の検討に入っています。
使用するICは現在、空輸中です。
5678は非常に良い音がする球です。ヒーター電流もポータブルにちょうど良い50mAと理想的です。中音域の厚み感は、真空管のヒーター電流に依存するところがあります。
お値段もお手ごろ、音質も最高、もっともっと使いましょう。

写真の博物館にあるような1962年製、TUNG-SOL (アメリカ)、5678が 25本のみ入荷しました。
海外のお値段より、お安く致しました。


オペアンプのバイアス電流の影響を回避した回路図


5678 ポタアン研究中 その2 2015.8.13更新

ホワイトノイズの正体

実はヒーターに加える電源のノイズが原因です。

サブミニチュア 1.25V管は直熱管、信号はコントロールグリッド(G1)とずばりヒーターに加わります。加わった信号は真空管で増幅(約10倍、20dB)されて出力には大きな信号が出て来ます。

ヒーターを点火する電源にノイズ10(mV)のノイズがあったら、大変、増幅されて、10倍の100(mV)もの大ノイズが発生します。

レギュレータIC(電源用IC)には基準電源の他、出力を検出する分割抵抗が入っています。この抵抗で発生したノイズ(ホワイトノイズ)が内部の誤差増幅器で増幅されてたホワイトノイズが電源出力に出て来ます。これが真空管に加わるホワイトノイズの信号源です。

この信号源のホワイトのノイズは先程の説明のように、アンプの不要な信号となり増幅されてアンプ出力、ヘッドホーン端子に大きな信号として出て来ますので、S/Nが低下してしまいます。そうなると、音はとても良い音がしているポタアンでも、このシャーと言う音が気になって音楽を聴いていられませんね。(実際に実験して聞いてみました。LM317Pと使用)

参考回路図の中にどうしたら良いのかを載せてあります。

1. 電池による点火 2. レギュレーターIC出力にLCフィルター(カットオフ周波数を超低域にする必要があります。) 3. スタビライザー回路

研究部の次の課題は、この電源回路をどうするかを検討します。


検討中の回路図は、通称、おじさんポタアン、お弁当箱ポタアン と言ってください。1.25V管の小さくて熱くならない真空管でも、ここまで、音出せるぞと言うものを考えています。
なので、カプリングコンデンサーも大きなオイルコン(ポリエステル オイルコン)1940年のVINTAGE品等を使っています。音は非常に良い音がするコンデンサーです。



5678 ポタアンアンプ検討回路図


プロコムパーツドットコム研究部開設 2015.8.6

ポタアン研究部



バラック試作中のポタアン その1(初回)

サブミニチュア管を使用したポタアンを数種類試聴してみました。印象として残ったのが、写真で使用しているような携帯端末からの音の方が良いことが気になっていました。1.25V管の場合、マイクロホニックノイズは仕方が無いとしても真空管アンプの音として見てしまうと、何となく物足りない感じがしていました。もう一つ気になるのが、イヤホーンを挿した時のフチッと言うすごい音、イヤホンが壊れるのではないか鼓膜が破れるのではと思うほど嫌な音がします。この辺の音質改善に挑戦したのが写真のバラック試作、途中品、外部電源で音出しを行いました。

5672 5676RTフランス 5678 6088、三極、五極管が部品の変更なしで、歪も少ない状態で聞こえるようにしました。真空管のプレートに掛ける電圧は歪を無視した場合、7Vから35Vの範囲で動作することを確認しています。電圧が高い方向は低歪で非常に良い特性です。まだ、検討中のバラック試作品ですが、無帰還(NON NFB)の状態でも低歪になるように検討を進めています。

音を悪くしている要因

出力の電解コンデンサ:透明感が無くなる。

真空管の動作点問題:歪の原因、中音域の押し出しが弱い。


現在のバラック条件

オペアンプは2電源方式:±3V以上

出力の470uF電解コンはなし。(音が濁るため使用しない方式)

真空管のプレート電圧を適切な電圧まで上げる。

NFB、全帰還は掛けない方が良い。(ボーカルが前で出て来る)


音の印象

非常に元気な透明感のあり、ボーカルが前に出て来る音となりつつあります。動作条件を変えると1.25Vの小さなサブミニチュア管でも、すごい迫力のある音に変わりますよ。

完成しましたら、回路図をUP致します。

PROCOM  DR. TAMURA




中国ポタアン大改造と試聴

2015年8月6日更新

最後の1ペアー となりました。

5672VAVLO (ドイツ製)1.25V管

5672 VALVO (ドイツ製)

**************************************************

ウエスタンポタアンケーブル 3種類販売開始!!

WESTERN シルク・エナメル 最高級22G 8本ポタアンケーブル

WESTERN CABLE 22GA 8本 ポタアンケーブル

WESTERN CABLE 24GA 8本 ポタアンケーブル


シルクエナメル22GA      22GA ポタアンケーブル

24GA ポタアンケーブル

***********************************************

新発売!! 『 WESTERN ポタアンケーブル登場 』

1940年から1950年のケーブルを使用しています。

PROCOM_DR.TAMURA ブランド




***********************************************

NEW テスト情報!!2015_5_6 更新

JAN6977 マジックアイはアンプするのかな??



***********************************************

NEW 入荷情報 2015_5_5 更新

5676 RT(RADIO TECHNIQUE) フランス製 コネクター付き
音質の柔らかいブラックプレート 2個組み販売開始です。




ブラックプレート品です!!

2.54mm ピッチ4ピンコネクター搭載

***********************************************

NEW 入荷情報 2015_4_17 更新

TELEFUNKEN 5676 入荷致しました。

あこがれのTELEFUNKEN

1.25V 3極管です。

ポータブルアンプ(ポタアン)に最適品!!





NEW 入荷情報 2015_3_30更新

CK6050 (RAYTHEON) 限定20本入荷、早いもの勝ち!!

641860886286と同じ1.25V管です。

ポータブルアンプ(ポタアン)に最適品!!




入荷情報 2015_3_6更新

ポータブルヘッドホーンに最適マジック・アイ

1.25(V)系の球
641860886286に最適です。

JAN6977(PHILLIPS)


+12(V)の電圧で緑色に光っています。

入荷情報 2014年12月11日更新



オイルコンデンサ PIO 1940年製(SIMENSE 同等品)

絶品 中高域に潤いのある音質!!

0.1μF−200V ロシア軍仕様品

0.05μF−400V ロシア軍仕様品

0.01μF−400V ロシア軍仕様品






入手難部品 16個在庫あり

縦型 0.47uF-160V スチロールコンデンサ

(その他)
0.1uF-500V (K42) ロシア軍仕様品


入荷情報 2014年12月10日更新

2.2uF-250V (K75) オイルコン

22uF-63V マイラコン


シールド付き 9P 銀メッキ
(ロシア軍仕様品、セラミック銀メッキ品、未使用)


OIL-1uF-250V SILVER K75 (ロシア軍 仕様品)

6P3S (6L6G) 1980年 ロシア軍仕様品

*********************************************
4回路11接点 350V-3A (ロシア軍仕様品)入荷!!

応用回路 : 切り替え器(スピーカー アンプ)
*********************************************


お買い得情報!! (2014_10_15)

送料サービスに致しました。!!

JAN6111WA 5本パック、¥1200円/1本(送料サービス)

送料を換算すると、実質、なんと

ちょっとない、¥1128円で買えたことになります。

お値段据え置きで頑張ります。


***********************************************
左側 LUX A3300(KT88)+右側 6L6GB PP
(40年前のアンプ)
アンプ製作のOBがお作りになったアンプを
修理致しました。

茶色いシャーシのアンプの経緯

取引先のお店に保管されていたアンプ

球と回路は無し
実験用に作り変えるつもりでおりました。

ところが、40年以上も前の部品を使ったアンプの音質が無性に聞きたくなりましたので、早速、本日、日曜日に回路を追いかけて行くと使用していた球は、

6267+6FQ7+6L6GB

に近い物と言うことが判りました。

経時変化があるので、半田不良を数箇所を
半田補正しましたが、残念ながら、ものすごい歪音、
おそらく、ムラード型位相反転のMPコンの不良、
手持ちのなるべく、当時のコンデンサに入れ替えて
音出しをして見ました。(不良でした。)

音質はやや低音不足ではありますが、
軽快な音質で、非常に軽やかな音質です。
(A3000の方は、やや低域側に重心のある音質)

大昔のタンゴのトランスを使用していますので、毛布を被せてような音質がするのかと思っていましたが、意外や現代のアンプに近い音質でした。

もう片方(左側)のアンプも再生して
ステレオで音質を聴いてみたいと思います。




***********************************************

2014_11_15 (オーバーホール開始予定品、販売予定品)

LUX A3000 モノラルアンプ

最初に音質を聞いて見ました。

プッシュプルでありながら、分離の良い音質です。
(モノラルの性もあります。)

私店長(DR.TAMURA : SOUND NAME)
の好きな音ではないですね。

中音域の厚みが薄く、高音域まで伸びてはいるもののちょっと刺激感のある音質と感じました。

LUXのアンプに使用している薄っぺらなフィルムコン
の音質です。

このあたりから交換開始、信号ラインのビニール線をガラスチューブに入れたWESTERN線に交換する
ことになると思います。

ノーマルの音質としては、薄っぺらな帯域の音質、
評価は高くないです。


どこまで、治るかですね!!




**********************************************


2014_11_25 大改造しました。

ドライバー段を NC14(TANGO)段間トランスを使用して6BX7PPを構成して大出力を得ていましたが、中域の厚みに掛けると評価、その改善して、出力は8W程度として、EL34(6CA7 シングル)に回路を変更致しました。

段間のトランスの音が全面に出てしまいました。
このトランスは、シングル動作で30mA程度の電流を流すと中域に潤いが出て来ます。


近い内に写真をUP致します。

2014_9_18 完成(オーバーホール)

イントラ SV811-3 シングル+6BX7PP ドライバ AMP

5年程前に、811-3の出力を一杯まで引き出す為に
試作した手作り品です。

出力トランス:TAMURA F-2007
ドライバトランス:TANGO
電源トランス:染谷電子(カスタム品)

SV811-3のドライバ段はイントラ(段間トランス)による
6BX7(Silvernia) によるPP(プッシュプル)回路を
採用致しました。

通常使用するシールド線を止めて、WESTERN24Gケーブルによる三つ編みケーブルを使用しました。



外観の様子



内部の様子

左側の赤・茶色の布ひもが三つ編みケーブル

***********************************************

2014_8_27 完成(オーバーホール)

オーディオのもてぎ(秋葉原駅、ヨドバシカメラ通り)で委託

販売をお願いしております。

LUX SQ38FD オーバーホール品(当店・店長担当)


コンデンサ類・プリ部/メインドライバ管・出力管2本等
大々的に交換してアンプとなります。

コンデンサ類はロシアミリタリオイルコンを使用しています。

ロシアミリタリオイルコンを使用することで、聞き安い

音質に仕上がっております。




***********************************************

管球王国 NO.20 自作派大集合に出演したときのアンプ

13年経過して、店長本人が音質改良

赤の枠で囲まれた部品がテフロンコンデンサ-です。

改良内容、
無帰還回路に変更、テフロンコンデンサ-に変更

音の広がりがすごく、変わりました.
びっくりするくらいです。


6LU8シングル、タムラの小型トランスでは無理だろうと思っていました。前回改良を加えたSPARK530よりも広がりのある音になったのには、びっくりです。
テフロンコンデンサーの実力はすごいなと感じました。

l


***********************************************

SPARK 530音質改良例

赤の枠内を改良

位相反転用パスコン:
0.47uF-250V スチコン変更

KT100 カソード用パスコン:
0.1uF-630V ロシア軍オイルコンに変更

KT100 を SED 6550Cに変更(在庫あり)



***********************************************

お探しの 5676 フランス製、入荷致しました。




 JAN5703WB (無線と実験 6月号) 入荷致しました。

JAN5702WB 入荷致しました。

JAN 6111WA (PHILIPS) BLACK プレート入荷致しました。



SED 6550C ペアーチューブ4組入荷しました。

EL152、FL152入荷しました。

出力トランス部品キット発売予定(EI-76)!!


ロシア軍仕様品を新たに揃えました。


すべて、ガラスハーメチック品(品質最高品)

スチコン : 0.01uF-250V 0.22uF-250V 0.47uF-250V,
1uF-250V

オイルコン:0.1uF-500V(長さ8cmの大物)品
1uF-250V  2.2uF-250V



計測サービス、真空管アンプ特性計測システム販売開始

ni

操作マニュアル
AUDIO_RESP  AUDIO_LINEAR


古い計測器を古い計測器の状態、マニュアル操作で計測していませんか?

PCベースによみがえらせるHP8903B(オーディオアナライザ用)自動計測ソフトウェアを開発しました。真空管アンプ等のオーディオ機器の計測が簡単に出来ます。

皆様のお役に立てることを願っております。

計測に用いる5687PPアンプ基板と計測の様子(正面の計測器がHP8903B)

 

 

真空管アンプ特性計測システムの結果                

                              白色:周波数特性  赤色:歪率  緑色:S/N

     JAN6418 + 汎用OPAMP(LM358)を組み合わせた特性

LM358なんて言う汎用のOPAMPでも75KHz(-3dB)まで平坦な特性となりました。ドライブ能力の高いOPAMPを使用することで歪みも低下して行きます。
ぜひ、挑戦して下さい!!

真空管回路テスト中、入手した真空管は1985/9月製 レイセオン:アメリカの防衛機器メーカー、1928年設立、本社 マサチュ-セッツ州 

テスト中の YAHA_AMP

RAYTHEON JAN6418 と同じく、電池管2K2M  

新着情報
2014/4/18

ロシア軍仕様品、接点の可変数は、ストッパ金具の入れ替えで自由に変える事が出来ます。接点規格 350V−3A、8Ωスピーカー切り替え器で、72W まで絶えられます。また、本当のセラミック材を使用しておりますので、放熱効果も高いスイッチです。市販のスピーカー切り替え器は、音質が劣化してしまいます。このスイッチを使って音質の変化しないスピーカー切り替え器が作れます。また、4回路内蔵していますので、ステレオの右、左の信号の他、GND(黒)信号も切り替えることが出来ますので、スピーカー切り替え器の他、アンプ出力切り替え器にもご使用いただけます。参考回路 : だだいま、準備中です。
2014/4/18

古い計測器を古い計測器の状態、マニュアル操作で計測していませんか?PCベースによみがえらせるHP8903B(オーディオアナライザ用)自動計測ソフトウェアを開発しました。真空管アンプ等のオーディオ機器の計測が簡単に出来ます。
商品は計測器のグレードが異なる3機種をご用意致しました。
皆様のお役に立てることを願っております。
2014/1/2

米軍で使用された耐振動性・耐高度に絶える 5極管 JAN 5636 1985年9月製 を入手致しました。60000フィート、6000×0.3048 m = 18288 m の高度でも使える高信頼管です。
2013/11/10

高級ヘッドホーンアンプに使用している 双3極管、JAN 6111WA (PHILIPS)を入手致しました。
1本でステレオ YAHA_AMPが作れます。
この真空管は世界的に人気のある6.3V管です。
2013/11/10

JAN 6418よりもひとまわり大きな真空管 JAN 6088を入手致しました。ヒーター電圧、ピン配置も同じです。

< 写真 >
上:JAN 6088 
下:JAN 6418
2013/9/27

エレキットでおなじみの電池で動作する真空管を販売開始します。

5本パックの WHOLE SALEの方がお買い得です。